観光名所

電話で話す男性

静岡県は、日本の東海地方を代表する県です。
2014年現在での県の人口は約3,700,000人で、全国の都道府県では第10位となっています。
県の面積は7780.60?で、東西方向に155キロ、南北に118キロと広大な県域となっています。
県に隣接する都道府県には、神奈川県、山梨県、長野県、愛知県があります。
県の木はキンモクセイで、県の花はつつじです。
県内には、静岡市と浜松市の二つの政令指定都市があります。
県庁所在地は静岡市です。
市の人口は約706,000人となっており、県内最大の都市です。
市には葵区、駿河区、清水区の3つの区が設置されています。
県内には富士川と大井川の二つの大きな河川が北から南に流れており、駿河湾や太平洋へ注いでいます。

県は富士川と大井川によって、東部、中部、西部の3つのエリアに分けられます。
静岡県には、23市、12町の35の自治体があります。
県内には富士山や美保の松原、伊豆半島、御前崎、浜名湖などの景勝地がたくさんあります。
特に、富士山は3776メートルの高さを誇る日本の最高峰です。
2013年6月に、富士山は「富士山、信仰の対象と芸術の源泉」の名前で世界文化遺産に登録されました。
県の旗も富士山をイメージしたものとなっています。
また、ご当地ナンバーとして、「伊豆」や「富士山」を使用しています。
静岡県の名産品には、お茶、みかん、マグロ、カツオなどがあります。
静岡県では、「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の「富国有徳の日本の理想郷」を創るための施策に取り組んでいます。